夫が亡くなり、悲しみに暮れる私を優しく慰め励ましてくれたのは、義理の息子だった。そんな息子の身体が、私を抱きすくめ真直ぐに求めてきた時、身体の奥で女としての欲情が目覚めていくのを感じた。最も儚げな、最も刺激的な男と女が、刹那に身を焦がし禁断の悦楽に溺れていく様を、旅情豊かに贈る異色ドラマ。

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事