娘が彼氏とラブラブだ。涼香は母親として二人を祝福していたが、その一方で女としての嫉妬も感じていた。自分は欲求不満で体を持て余している。私だって男に抱かれたい…。そんな満たされない体の疼きが限界に達した頃、娘の彼氏が家に泊まることになった。もう我慢できない。涼香はとっておきのセクシー下着を身にまとい、娘の彼氏が眠る寝室を訪れる…。

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事