入社時から好きだったよしいさん。優しく厳しいそんな姿に憧れにも似た好意を僕は抱いていた。どうにか彼女に認めてもらいたくて頑張ってきた。そしてやっと彼女と一緒にプロジェクトを行えるようになった。しかし僕は失敗ばかりで彼女の役には立てないと思っていた。今日も仕事が上手くいかず彼女と残業。たあいもない彼女の質問に答えながら仕事していたが、彼女の事が好きだと告白してしまっていた。その時停電。抱きついてくる彼女に大丈夫ですよと声をかけ抱きしめていた。電気が戻り気まずい雰囲気。そして彼女が飲みに行こうと言ってくれた。彼女と楽しく飲んでいたがお店が閉店。のみ足りない僕は彼女を自宅に誘った…。

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事