母ちゃんの柔らかそうなおっぱいをめちゃくちゃに揉んでみたい。幼い頃から抱いていた秘密の感情。良太は誰にも悟られぬように必死に抑えていたが、母の真子がオナニーに耽る姿を見てしまった日を境にいよいよ抑えることができなくなってしまった。衝動的に真子を抱きしめた良太はGカップ乳を揉みしだきながら告げる。「僕が慰めてあげるよ」真子は返事をする代わりに胸を押し付け、熱烈なキスをして我が子を迎え入れた。 ※特典映像は収録されておりません

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事