夫が出ていって一年。牧子は息子の前では気丈に振舞ってはいたが、その一方でオナニーで淋しさを紛らわす日々を過ごしていた。そんな牧子を見かねた息子は二十歳の誕生日を迎えたこの日、これからは息子としてではなく一人の男として牧子を支えていくことを決意する。強引に抱き寄せて愛撫してくる息子に牧子は戸惑うが、飢えた肉体は拒絶することを拒んでいた。一度だけなら…。牧子は受け入れる決意をする。だが息子は何発でも連続で発射できる絶倫で…。

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事