33歳の時に離婚してバツイチのシングルマザー。「結婚はもうコリゴリ」とはき捨てる。女より母として生きているが、男は切れた事が無いとサラリと言う。離婚後は10数人の彼氏、その全てが年下なんだそうだ。具体的には「美容師さんとそういう関係になりやすいですね」と言うが、年下だからか「未だかつて繋がったままイッタ事が無い」「でも濡れやすい」「玩具使った事無い」「イクって事は前の旦那に教えてもらった、前戯で」と見た目と男性経験は有るが女としてはノーマルで未開拓の様だ。初体験は16歳で平均的、性欲も強い訳ではなくオナニーも初体験後、常に相手がいたのでオナニーにハマる事も無く初めてイッタのが結婚してからで30歳、殆どした事の無いオナニーは指でクリを中心に擦り、パンティは脱がないでするスタイルだ。自身が「見た目キツいけど、実際はそうでも無いのでギャップあるのでMだと思われる様だ」とは言っていたが実際はどうなのか目隠し性感チェックをしてみた。初めての目隠し「今やろうとしている気持ちは?」に「訳分かんない」と冷めた様に笑うが、言われた事には従う、ソファーに座らせ下着姿の身体に筆を走らせる、黒いTバックのパンティに大きな尻がアラ40の厭らしさを際立たせている。筆がうなじ、オッパイ、腰となぞる度にピクッと反応して喘ぎ声が濡れた唇から漏れる、それが又そそるのだ。ローターも初めてだと言う。目隠しにローター音と刺激で一層感じる様で声が大きくなる、快感を堪え様とする長い爪の両手で支える姿が厭らしさを増す。喘ぎも苦しそうな声に変わり、段々泣き声に変わって来る。手マンを始めた時は最初の冷めた彼女はいなくなり、巷のスケベな女に変わり「イクイクイク」「ダメェ~ェ」「あ~ぁあ~ぁ」と泣き続け顔を顰め「イクイク」「イヤダッ」と泣きながら果てた。続け様に電マを股間に当ててやれば「あっん気持ちイイ」「ダメッ、アン、イクッイクイクッ」と果てると引き笑いの様な喘ぎを出してソファーにぐったりともたれ掛かって、玩具の感想は?に「凄い」「こんなに成るとは思わなかった」と荒い息で答え、暫くすると全裸のまま立って濡れた股間をティッシュで拭っていた。オナニー2アングル。誰も居ない部屋に固定カメラ2台。現在は家でオナニーをする事も無く、玩具自体使った事が無いので、何時ぶりか覚えていないがやって貰った。ズボンを脱ぐと大きな尻が目に入る。黒いパンティに両手を滑り込ませて股間をまさぐる。暫くするとブラジャーのホックを外して捲り上げてオッパイを出すとしばし乳首を弄る。パンティは脱がず手を入れて擦る、昔の女性じゃないが自分の指を舐めて唾を付けてクリを擦り始めるが今度はパンティを横にずらして直接クリを擦る、手を上下に動かしてクリに刺激を、そして又指を舐めて湿らせてクリを上下に、それを何回か繰り返すと指のスピードが速くなり足の指先に力が入り、腹筋にも力が入るのが分かると其処が終着点の様だ。それにしても何で自分の濡れた汁を使って指を湿らせないんだろう?生々しい熟女のオナニーだ。(28th HOUNAI)

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事