難病の息子の命を救うためにシンノスケの妻、ねねは1年間河村という資産家の肉便器になるという契約を結ぶ。息子のためとは言え、愛する妻を売ってしまった己の無力さをシンノスケは嘆く。毎週河村から送られてくる動画にはねねが調教される様子が一部始終記録されており、最初は強気な姿勢を見せていたねねも徐々に心まで河村のモノになっていく。1年後、手術は無事成功し、平和な暮らしが戻ったように見えた田中家だったが…。

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事