慢性的な欲求不満を解消できて小遣いまで稼げる、これぞ究極の一挙両得だと考えた美沙はソープで働くことを決意する。そして未経験というハンデを克服するために店からマットやスケべ椅子といったソープアイテムを家に送ってもらい、入店前に息子・和也を練習台にすることを思いつく美沙。「ねぇ、ちょっと和也に相談があるんだけど…新しい仕事の練習台になってくれないかしら!」

Twitterでフォローしよう

注目
おすすめの記事